借金返済への道のり

  •  
  •  
  •  

債務整理とマイカーローン

 

債務整理とマイカーローンについて。
債務整理をすると、さまざまなローンが利用不可となりやすいでしょう。
その理由は、債務整理を利用することで、
信用機関に登録されてしまうからです。
どんなに一括で返済をしたとしても、
一度利用するとある期間内はずっと信用機関に登録されていることになります。

 

 

その期間は、最低でも5年間。
長くて7年10年はかかると言われています。
この期間は、ローンを組みにくかったり、
カードで買い物ができにくかったりします。
もちろん、審査のゆるいところは、債務整理後でも利用できますが、
一般的には利用できないと考えておきましょう。

 

 

 

マイカーローンも、いわゆる「ローン」になりますから、
債務整理をした後は、5年間はローンを組めません。
また、たとえ5年経ったとしても、
債務整理をしたことは消すことはできませんから、ローンは組みにくくなりますね。
それでもローンを組みたい場合は、
銀行系の「おまとめローン」などで債務整理をすると、
限度額50万円以下ですが、利用できる場合もあります。
もちろん、返済できる見込みがあった場合のみ利用できるので、
やはり基本的には債務整理後はローンの利用は容易ではないでしょう。

債務整理とマイホーム

 

債務整理とマイホームについて。
債務整理をすると、さまざまなことが困難になります。
よって、マイホームを購入する場合も、
ローンを組むのは難しくなるでしょう。

 

 

では、マイホームを持っている場合に、
債務整理をすると住宅はどうなるのでしょうか?
債務整理には、大きく3つの方法があります。
1つは任意整理といって、
裁判所を通さず弁護士や司法書士と和解契約し、借金問題を解決する方法。
2つは民事再生といって、
住宅ローンを残したまま利用できる債務整理です。
3つは自己破産といって、
すべてを失い再スタートする方法です。

 

 

この中で住宅などを失うことなく債務整理できる方法は、
「民事再生」になります。
住宅ローンが残った状態でも利用可能で、基本的に誰でも利用することができます。
ただし、その分負担も大きくなります。
当然、信用機関に5年間は記録されますから、
今後のローンやカード利用が困難になるでしょう。

 

 

 

ちなみに、自己破産はマイホームもすべて手放すことになります。
破産宣告するわけですから、返済義務はなくなりますが、
その分リスクも大きくなります。
どうしても返済ができない場合以外は、利用しないほうが良いでしょう。

 

 

また、民事再生も原則として3年以内に完済する必要があります。

債務整理について